MISHORYU NAKAYAMA BUNPO-KAI
文甫会プロフィール 今月のいけばな 今月の花暦 文甫会スケジュール BUNPO-KAI Topics 全国支部ネットワークと本部教室のご紹介 出版物のご案内 メールはこちらから
Bunpo-kai Topics  TOP

中山景甫
中山景甫(なかやま・けいほ)

未生流中山文甫会会長
一般財団法人中山文甫会館理事
日本いけばな芸術協会特別参与
兵庫県いけばな協会相談役
西宮市いけばな協会相談役
1935年芦屋市に生まれる。中山文甫の長男。
慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
父文甫より新花と造形を学び、流派の長老から格花の稽古を徹底してうける。造形いけ花を極める一方で、1991年からは200年〜300年の歳月を経た旧家で格花を活ける制作を続けておりライフワークとする。

2001年兵庫県文化賞受賞
2003年神戸市文化省受賞
著書は「未生流の秘伝 上・下巻」(講談社)他。
制作作品はこちらから

中山高昌
中山高昌(なかやま・こうしょう)

未生流中山文甫会副会長
一般財団法人中山文甫会館理事長
日本いけばな芸術協会常任理事
兵庫県いけばな協会会長
西宮市いけばな協会会長
「月刊・現代挿花」編集長
1967年西宮市に生まれる。中山景甫の長男。
関西学院大学社会学部卒業。
祖父中山文甫の高弟に花を学び、現在流派の本部講師として本部ならびに全国支部で教える。1994年より「視覚障害者のためのいけ花講座」を主宰。書や陶芸、音楽など異分野とのコラボレーションにも意欲的に取り組む。「現代挿花」での連載のエッセイは評判が高い。ジャンルを超えた幅広い活動にいけ花界のみならず将来が嘱望されている。

2006年兵庫県芸術奨励賞受賞
2008年神戸市文化奨励賞受賞

制作作品はこちらから
back